Car coating

カーコーティングはどうやって塗装を守る?

カーコーティングとは、車の塗装部分の犠牲となって、色々な種類の汚れや、太陽から照射される紫外線から、ダメージを受続けて行き、自らが保護膜のような役目を果たす事により、塗装自体を完璧にガードしています。
人間の肌表面と同様に、自動車のボディーへと施されている塗装面にとって、重い負担を及ぼすのは厄介な紫外線であります。車体の塗装表面が酸化するトラブルを、完全にブロックして行き、同時に紫外線がもたらす悪影響を、確実に食い止める為には、透明被膜を塗り付ける事が最も適しております。※女性専用の化粧品である、UVカット・日焼け止めクリーム・ファンデーションなどと、全く同じような役割です。
以前では車のボディーへとワックスを塗り込むのが、ごく当たり前となっていました。しかしワックスには、直射日光により直ぐに蒸発したり、或いは雨の影響によって、あっと言う間に流れ落ちてしまう、悩ましい欠点が潜んでおりました。近年ですと、分子的な結合被膜を備えている、優れた被膜により、車体へと塗布されている塗装をキレイに覆って行く、カーコーティングが段々と定着化して来ています。
カーコーティングを自動車のボディーへと施す事で、塗装をしっかりと守って行き、あらゆる不安要素などを徹底的に防いでくれます。※この働き事を犠牲被膜効果と呼びます。

TOP